イラストの専門学校で本格的に学ぶ


イラストレーターとして活躍したいのならばイラストの専門学校に行くのがいいでしょう。

どのようなことを学べるのかをまとめたので進学とイラストの勉強の参考にして下さい。

021481

●イラストレーターが活躍できる場所は?

本の表紙/挿絵/一コマ漫画といった古典的なものから、企業のキャラクター/HPなどデジタル上のキャラクター/ゲームのキャラクターなどイラストレーターが活躍できる場はたくさんあります。

必要とされることは多いですが自分に合った活躍の場を見つけて進んでいくことが大切です。

そのためにイラストの専門学校に行って世に溢れるいろいろなタイプのイラストを描いてみましょう。

あらゆるタイプのイラストに挑戦することで自分の向き不向きが分かり、ジャンルを決めた上でその専門学校から就職しやすい企業を狙いに定めます。

そしてそこで必要とされるであろう作画能力を専門学校で学んでいくのです。

イラストレーターとして何が出来るのかを考えて目標を定めれば自分が勉強するべきことが分かるでしょう。

●イラストレーターの労働条件や環境

イラストレーターは出版系の企業に就職する/イラストレーターの事務所に所属する/フリーとして働くという3つの働き方があります。

企業に就職した場合は多くのイラストを描き上げても固定休ということがほとんどです。

事務所への所属とフリーの場合は基本一人で仕事をします。

しかし事務所所属ならそこから仕事を受けることが出来ますし、周りの人から新たな作画に関する技術を授かることも出来ます。

フリーの場合は自分で仕事を取ってきて自分の責任で仕上げます。

自由に仕事が出来ることと収入が増えることが魅力ですが、どこで働くにしてもイラストの基礎が出来ていなければなりません。

将来の自分の姿を考えながらイラストの専門学校で学ぶのがいいでしょう。

●アナログとデジタルの両方の技術が必要

プロのイラストレーターとしてやっていく場合は手描きとデジタルの両方の技術を持っていなければなりません。

描き始めは誰もが手描きとしてやっていくわけですが、現在イラストレーターが納品する時はほとんどがデジタルになります。

つまりはPhotoshopやComicStudioなどの技術を習得していて当たり前ということになります。

これに関してはソフトについて勉強して何度も使ってみなければいけませんが、イラストの専門学校ならば授業で一から教えてくれるので何も知らなくても心配ありません。

手描きの技術を劇的に向上させるのはもちろん、卒業時にはデジタル上のイラストも充分描けるようになっています。

イラストレーターになると決めたのならば専門学校に入学して努力を続ければいいでしょう。

Comments are closed.