Lorem ipsum dolor

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Read more

Everti Constituam

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Read more

Id Essent Cetero

Quodsi docendi sed id. Ea eam quod aliquam epicurei, qui tollit inimicus partiendo cu ei. Nisl consul expetendis at duo, mea ea ceteros constituam.

Read more

イラストレーターとして活躍したいのならばイラストの専門学校に行くのがいいでしょう。

このページでは、イラストの専門学校に行くと、どのようなことを学べるのかをまとめたので、進路選択の参考にして下さい。

illust3985

●イラストレーターが活躍できる場所は?

本の表紙/挿絵/一コマ漫画といった古典的なものから、企業のキャラクター/HPなどデジタル上のキャラクター/ゲームのキャラクターなどイラストレーターが活躍できる場はたくさんあります。

このようにイラストレーターとして必要とされることは多いですが、自分に合った活躍の場を見つけて進んでいくことが大切です。

そのためには、イラストの専門学校に行って世に溢れるいろいろなタイプのイラストを描いてみましょう。

あらゆるタイプのイラストに挑戦することで、自分の向き不向きが分かるので、ジャンルを決定し、専門学校から就職しやすい企業を狙いに定めます。

そして、その企業で必要とされるであろう作画能力を、専門学校で学んでいくのです。

イラストレーターとして何が出来るのかを考えて目標を定めれば、自分が勉強するべきことが分かるでしょう。

●イラストレーターの労働条件や環境

イラストレーターは出版系の企業に就職する/イラストレーターの事務所に所属する/フリーとして働くという3つの働き方があります。

企業に就職した場合は、多くのイラストを描き上げても固定給ということがほとんどです。

事務所への所属とフリーの場合は、基本的に一人で仕事をします。

しかし、事務所所属なら、事務所から仕事を受けることが出来ますし、周りの人から新たな作画に関する技術を授かることも出来ます。

フリーの場合は、自分で仕事を取ってきて、自分でイラストを仕上げます。

フリーや事務所所属は、自由に仕事が出来ることと収入が増える可能性があることが魅力ですが、いずれにしても、イラストの基礎が出来ていなければ話になりません。

イラストの基礎を専門学校で学びながら、将来の自分像を考えていきましょう。

●アナログとデジタルの両方の技術が必要

プロのイラストレーターとしてやっていく場合は、手描きとデジタルの両方の技術を持っていなければなりません。

描き始めは誰もが手描きとしてやっていくわけですが、現在イラストレーターが納品する作品はほとんどがデジタルになります。

つまり、どのイラストレーターもPhotoshopやComicStudioなどの技術を習得していて当たり前ということです。

これに関しては、ソフトについて勉強して何度も使ってみなければいけませんが、イラストの専門学校ならば、1人で勉強してもわからないといった場合でも、一から教えてくれるので何も知らなくても心配ありません。

手描きの技術を劇的に向上させるのはもちろん、卒業時にはデジタル上のイラストも充分描けるようになっています。

イラストレーターになると決めたのならば、専門学校に入学して努力を続ければ、イラストレーターとしての未来が待っていますよ。

イラストレーターに必要なことが全て詰まった専門学校です

コメントを残す