イラストレーターとして就職を目指す!

将来仕事としてイラストを描くために専門学校に入学したのですから、
ちゃんとそれだけの技術がついて、イラストを描く仕事ができるのか?というのは
気になるところだと思います。

アミューズメントメディア総合学院では、キャラクターデザイン学科が開設されて
います。

入学当初は落書きのようなイラストが二年間みっちり基礎から学ぶことによって
卒業時には見違えるようなイラストが描けるようになっています。

それは、しっかりと作品になり、将来の就職に繋がることでしょう。

また、在学中にプロの現場を体験することができるインターンシップなどを行って
いるので、プロの技やプロとしての大切なこと意識することを肌で感じることが
できます。

これは、あなたがイラストレーターとして生きていく上では欠かせない
体験にあるでしょう。

このような充実したカリキュラムを組んでいるからか、カバーイラストデビュー率
の実績はトップレベルです。

ぜひあなたも将来を見据えて勉学にいそしんでください。

イラストの専門学校のコンクールについて

イラストの専門学校が主催するコンクールがあります。
高校生を対象にしたもので、高校生であれば誰でも参加できるコンクールです。
イラストが好きな高校生が沢山応募しています。景品もやはりイラストに関する
ものが多く、マンガ製作ソフトやマンガ作画ソフト、タブレット、マンガの
原稿用紙、水彩画材セットなど、イラストを描く際にすぐにでも使いたくなるものが
多く選ばれています。

高校生であれば参加できるコンクールですので、実力を試す為に参加してみるのも
良さそうです。優秀作品は、大会以外でも展示されることもあるので、自分の
作品が沢山の人の目に触れることも可能になるのです。

専門学校が主催ですので、審査をするのは専門的な技術や目利きのできる講師
ばかりです。講師の中には大きな仕事を定期的に行うなど、現役で活躍している
人も多くいます。その中で、自分の作品が評価されるのは興味深いのではないで
しょうか。イラストを続ける励みにもなりそうです。

夜間部もあるイラストの専門学校がある

イラストの専門学校にも、昼間部と夜間部に分かれているところもあります。
夜間で授業を行っているところは、全国的にも少ないのが現状です。

しかし、大学とのダブルスクールを考えている人には、夜間部があるとどちらかの
学校に絞らなくてもすむので助かります。また、専門学校は決して高校卒業した
ばかりの人だけではありません。一度社会に出て仕事をしていた人も、再度勉強を
しようと入学してくる人もいます。

そのような人も、夜間部があれば仕事を続けることも可能になります。イラストを
学びながら大学や仕事を両立するのは、決して簡単なことではありません。
しかし、自分次第で両立できるかどうかは決まってきます。自分に合った時間の
授業を選択して、途中で挫折をしないような計画を立てる必要があります。

そのためにもダブルスクールなどを考えている人は、今一度本当に卒業まで
両立できる覚悟があるのかを自分に問い直す時間を持ってみることも
必要かもしれません。

イラストの専門学校でもスポーツ大会があります

イラストを勉強している専門学校生は、スポーツをしないのではないかと
考えている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、健康な体を作っておくことはイラストよりももっと大切なことになります。
健康な体でなければ専門学校に通うことも出来なくなりますし、将来仕事に就くに
しても支障をきたしかねません。専門学校によっては、スポーツ大会を行っている
ところもあります。

常日頃からスポーツが授業にあるわけではないので、ストレス発散できる機会に
なっていることもあります。そのような息抜きをする場としてスポーツ大会が
あるというのも、その専門学校の魅力の一つです。いつも一緒に勉強している
クラスメイトは、友人でもあり仲間でもあり、将来的にはライバルになってしまう
ような人たちなのかもしれません。

しかし、専門学校で周囲とのコミュニケーションをとる方法を学んでおくと、
間違いなく社会に出た時には役に立ちます。スポーツ大会など特殊な場面も、
そのような機会の一つになっているのです。
a0001_007755

イラストの専門学校を探す入口はネット検索

一口にイラストの専門学校といっても、全国各地に存在していますので、
学校選びの際にすべてを把握することは現実的ではありません。

最近では、ネット普及に伴い、イラストの専門学校を探す際の入口として、
インターネットによる検索を行って、学校をある程度絞ってから学校を一つ一つ
分析して、比較・検討を行う人が多いです。

ネット検索による専門学校探しは、フリーワードを入力して自力で行うよりも、
無料で提供されている専門学校の進学情報サイトを利用すると大変便利です。
そのサイトでは、専門学校を検索できるページを設けており、あらかじめ、
検索条件にエリアや将来やりたい仕事、学費など、学校選びに欠かせない条件が
用意されており、希望する学校を絞りやすくなっています。

さらに、進学情報サイトでは、検索結果より対象の学校の資料・パンフレットの
申し込みや入試・出願情報の閲覧も合わせて行うことが可能です。
尚、無料の進学情報サイトは複数ありますので、自分に合ったサイトを利用する
ことでより効果的な学校選びが可能です。

イラストの専門学校の講師について

イラストの専門学校では、イラストの世界で活躍する人が講師として授業を行って
いるところもあるようです。
実際に仕事をしている人の声を聞くことができるのは大変貴重な体験と言えます
ので、楽しみと言う学生もいるのではないでしょうか。
特にイラストは技術を必要としますし、希望している人も大勢います。

そのため、就職も競争率が上がりそうです。それに、営業力も必要となります。
だから、体験談やアドバイスをいただける事はありがたいと感じるかも
しれません。それに好きなイラストレーターが卒業生にいれば、より心強いと
感じることでしょう。また、講師以外にも卒業生が仕事の内容などを紹介して
くれる機会を設けている専門学校もあります。

学生が皆、希望通りの仕事での就職ができるようにと考えている人も多いで
しょうから、全力でサポートする体制になっているのです。入学から就職まで、
安心して相談できるサポーターがいてくれると安心ではないでしょうか。

偏差値や成績の基準がないイラストの専門学校もある

偏差値と聞くと、自分の能力を知る基準と考えている方がとても多いです。
しかし、イラストの専門学校の中には、偏差値や成績を選考基準にしないところも
あります。それは、その人がどのくらいイラストの仕事に就きたいと考えて
いるかを、直接選考の際に聞くためと考えられます。

イラストというのは、描いた人の偏差値が高いから素晴らしい作品になるという
ものでもありません。専門学校が望んでいるのは、本気で学ぶ意思がある人に
入学してきて欲しいということなのです。

人は、自分の能力を数字で表すことが出来れば安心もしますし不安にもなります。
しかし、芸術性のものに関しては数字で表すことは難しいのです。偏差値という
数字にこだわって専門学校を探している人がいれば、それは選ぶ基準が間違って
いるのかもしれません。

もしも、自分が専門学校の講師だった場合にどのような学生に入学をして
欲しいかと考えると、おのずと自分自身がどのような考えを持って行動すれば
いいのかわかります。
a1380_000753

就職率が高いイラストの専門学校の特徴

就職率が高いといわれているイラストの専門学校にはいくつかの共通点があります。
まずは、歴史が長く、卒業生を多く輩出していることです。これにより、
イラスト・デザイン業界で働く現役の卒業生が増えることで、企業との太い
パイプが構築されることになります。

つぎに、学生生活のサポートが手厚いということです。
例えば、在学中の進路変更を柔軟にできるようにしたり、専攻を複数受講することが
可能になっていたり、プロのカウンセラーを配置して学生生活全般の相談窓口を
設けたりすることで、学生ひとりひとりの士気をあげ、個々のスキルアップや就職の
サポートに努めています。

最後に、イラスト・デザイン業界で活躍する現役のプロを講師に招き実践的な講義を
行っているということです。これにより、学生生活の中で、実務により近い環境で、
実績を残すことが可能となり、学生の自信にもつながります。

実際に就職活動を行うのは、専門学校ではなく学生です。専門学校の特性を活用する
ことで就職活動を成功に導き、結果、就職率の向上につながるのです。

イラストレーター 学校
a0960_003903

イラストの専門学校での求人

イラストの専門学校を選ぶ際に押さえておきたいことの一つに就職率ということが
あります。
せっかく勉強をするのですから、実際に活躍をしたいと考えている人が多い
でしょう。その中で実際にどのくらいの人が就職をして、現場での活躍が
できるのかが興味深いところです。

専門学校には多くの求人が来るようですが、より専門性の高いものが沢山来る
専門学校を選びたいものです。イラストの世界で活躍している卒業生が多ければ、
有力企業からの期待も高くなることにも繋がります。就職率と共に、卒業生の
活躍についても参考にすると良いでしょう。また、就職のサポートを行っている
専門学校であるとより安心です。いくら求人が来ていても、基本的な身構えや準備、
面接の練習などが全くできていない状態では採用に繋がることは難しいでしょう。

企業から良い印象を受けることができるためにも、就職試験までの準備も大切です。
自分だけでは気付けない点もありますので、就職サポート制度は是非利用したい
ものです。
a0002_001936

社会人入試を利用することもできるイラストの専門学校もある

一度社会人になってからイラストの勉強をするために専門学校に入学したいと
考えたとき、入試のことで不安になる場合があるかと思います。

基本的に高校卒業してすぐに入学する学生が多いのですが、専門学校によっては
社会人入試という別枠を設けているところもあります。一般入試とは違う枠に
なっていますので、高校卒業からブランクがあっても安心できる制度になって
います。

イラストを勉強したいと思えば、正直何歳でも専門学校の試験を受けることは
できます。なので、社会人になったから夢をあきらめてしまうという勿体ない
行動は、出来るだけ避けてほしいものです。

一度学生生活から離れてしまうと、学生生活に慣れることも大変なことかも
しれませんが、逆に社会人の経験をしていることは他の学生よりも一つ優位に
なっていることなのかもしれません。もしも、夢を諦めてしまうか悩んでいる
社会人の人がいれば、一度勇気をもって専門学校への進学を挑戦して
いただきたいものです。

1 / 212